アイスホッケーのネット中継について

 

最近、ホームページの更新が滞っているので記事の投稿をします副将の小林です。

今年度から関東大学アイスホッケーリーグの試合のネット中継なんてものをしているのでその説明をば。

 

現在、主に学生4人と東大スケート部のOBで現在日本アイスホッケー連盟幹事をつとめていらっしゃる坂井常雄さん、早稲田スケート部OBの市川恒美さんでプロジェクトを動かしています。もちろん、東京都アイスホッケー連盟の方々にも多くのご協力をいただいて、正式な理事会の承認のもとやっているプロジェクトです。

関連記事

ちなみに東大からは自分と、同じく4年で陸トレ担当の段林でやっています。いま現在はAグループの試合をYoutubeliveとshowroomというアプリで毎週末、全試合生放送しています。

IMG_6483

仕事内容は撮影のカメラマンはもちろん、動画のスイッチング、CG作成、試合後のハイライト作成、実況解説、プロモーション企画立案作成などなどたくさんやってます。

IMG_6445

じつは、機材を買い揃えるところからはじめたり

IMG_6425

早稲田の学生メンバーが土曜日これない時間帯は新歓氷上で徹夜した後なのに土曜日丸一日たちっぱでノンストップでカメラとディレクションやったり・・・

まあ、けっこうゴタゴタしてますけど、毎日毎日クオリティもあがっていくし、新しいモノをゼロから作っている感覚があってめっちゃ楽しいですね

(なにより丸一日ホッケーばっかり見てるのでたぶんホッケー脳もめっちゃ育ってきた感がする   

なによりうれしいのは、twitterでエゴサしていたら、まったくアイスホッケーに触れることもない関係のなかった一般人の人が、showroomで中継を見たのだと思うけれども、「決勝戦実際に見にいく!」とか呟いているのを発見したりしたときですね。

あとは、北海道とかに住んでいるOBだとか選手の親御さんから感謝のメッセージがきたり、一週間で500もfacebookページへのいいね!が増えたり

アイスホッケーって日本ではぜんぜん普及していないし、アイスホッケーに限らずなんだけども、そういうマイナースポーツをローコストで中継してみてもらうことでファンを増やせるんじゃないかなって。そうしたら東京のリンクも増やせて練習もいい条件でできますし。

あとは、スポーツ放送、プロモーションの新しい形なんかも発見していければって思ってます。

この活動も他の大学スポーツにも拡大したいと思っていたり・・・

世界だとか、日本を変えるとか言うのはあまりに大層なことだから恐れ多いのだけれども、すくなくとも日本のアイスホッケー界には微力でも貢献できるんじゃないかなんて思って毎日やってます。

(寄りのカメラを振るのはプレーを予測するのにとてもいいトレーニングなので後輩にもぜひ手伝ってほしいな)

「アイスホッケーのネット中継について」への2件のフィードバック

  1. 素晴らしい!
    ただただ感動です!
    パイオニアであり、先駆者であり、日本のアイスホッケーを変えてくれる1ページを刻んでくれたと思っております。
    私の息子は、今年法政大学に入学しましたが、中々試合を見に行けず、また、金銭的にも東京往復を1ヶ月に4度はキツく、でも応援をしに行きたく、歯がゆい気持ちで居りました。
    本当に有り難う御座います。
    御体に気を付け、またアツい試合の放送を御願い致します。
    青森県八戸市 上村道明

    1. 上村様

      地方にお住まいの親御さん方はなかなか観戦も難しいと思うので、私たちの活動でその不便が解消されればなによりです。

      アイスホッケーに出会ったのはあいにく自分は遅く、どんなに頑張っても1部選手には実力的には届きませんが、競技への貢献はほかの誰よりもできればと思っております

      副将小林

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です