新歓記事 VOL.10 3年 MG 髙橋万奈

新入生の皆さん、ご入学おめでとうございます。
東京大学スケート部アイスホッケー部門3年マネージャーの髙橋万奈です。
大学生活が始まり期待と不安で胸がいっぱいのことでしょう。大学は良い面でも悪い面でも無限に可能性があります。行動1つ1つの判断は自分に委ねられ、その判断が大学4年間をどのようなものにしていくか決めると思います。
当部に興味を持ってこのホームページに目を留めてくれた学生の皆さん、ありがとうございます。現在当部はマネージャーを絶賛募集中です。... Read More | Share it now!

新歓記事 VOL.9 3年 FW 櫻井康太

東京大学運動会スケート部アイスホッケー部門3年の櫻井康太です。今回、アイスホッケーについて全く興味がない方、勉強を一生懸命やりたいと思っている方、サークルか運動会かどっちにしようか悩んでいる方、新しいスポーツを始めたいと思っている方、などといった新入生の皆さんにこのアイスホッケー部を一つの選択肢として持っていただきたく思い、この記事を書くことに致しました。今までの方が新歓記事で書いてきた、部活をやる意義だったり、成長できる環境かどうかといったこととは違い、僕は自分がなぜこの部に入ったのかを純粋に自分の経験に基づいた感覚的な観点から申し上げたいと思います。
2年前大学に入った時、まず真っ先に思っていたのはダンスサークルとアサペラサークルで良さそうなサークルはないかを探すことでした。中高はバスケとソフトテニスをやっていて、もちろんそちらのサークルからも勧誘を受けましたが、入ろうという気は全くありませんでした。ダンスとアカペラサークルを兼サーするという強い意思の元、テント列やサークルオリを回っていました。しかし、テント列を抜けて正門の近くに立てられていたアイスホッケー部の看板を見たときに、なんだか生暖かい、懐かしい気持ちになりました。僕は小学校の頃、アメリカで3年ほどアイスホッケーをやっていたのですが、日本の中学校に入った時から、やはり環境の違いもあり、すっかりそのスポーツに触れることも見ることもなくなってしまい、記憶の彼方へと追いやられていました。そしてその看板を見たときにその時の記憶が一瞬フラッシュバックし、急いでテント列を逆走し、アイスホッケー部の方にチラシをもらい、新歓氷上というアイスホッケーを体験できるイベントに参加しました。... Read More | Share it now!

新歓記事 VOL.8 3年 FW 竹村雅之

新入生の皆さん、入学おめでとうございます。4年間何をするか、決めている人もいるでしょうし悩んでいる人もいるでしょう。新歓記事を任されて何を書こうかと思いましたが、当部の魅力や入部の動機などはほかの部員が色々書いてくれているので、僕は新入生、特に悩める新入生に向けて少し違った切り口を提供してみようかなと思います。... Read More | Share it now!

新歓記事 VOL.6 3年 FW 伊藤涼

新入生のみなさま、合格おめでとうございます。東京大学運動会スケート部アイスホッケー部3年の伊藤涼と申します。「新歓記事」では、様々な過去を持った部員が、入部に至ったそれぞれの経緯やアイスホッケー部の魅力をこれまで綴っています。僕が今回書こうとしていることは、少しそれらとは異なっているかもしれません。
 一般的に、大学で部活と学業は両立することはとても難しいと認識されています。たしかに、部活に割く時間は必然的に多くなるとは思うのですが、学業との両立は自分次第であるように思えます。
 僕は2015年度に文科Ⅲ類で入学しました。これから始まる大学生活を、期待と不安で迎えていたのを思い出します。東京大学に通われる方はご存知かと思われますが、大学は進学振り分け(よく「しんふり」と呼ばれます)という制度を有しており、2年生までの成績を基に生徒は3年生から専門性をもった学部へと進学します。文科Ⅲ類はその中で特に進学振り分けが厳しい科類と言われており、人気の学部へ進学するには相当の成績が求められます。僕は1年生のとき、進みたい学部がすでにありました。しかし、その学部は人気の学部の中でも特によい成績が求められていました。それと同時に、新歓期を経て、僕はアイスホッケー部に入ることも決めていました。
 覚悟が必要でした。部活と学業の両立は大きな挑戦で、大変厳しい道のりのように思えました。運動会の中でも特にこのアイスホッケー部です。リンクを貸し切って練習する関係上、弊部は深夜に練習を行っています。深夜の練習の後に授業に行けるのだろうか、と当時は思い悩んでいましたが、車で家まで送って下さった先輩方や、家族の支えに助けられました。それらのサポートがあった上で、僕なりに努力し、現在は当初からの希望であった学部に進学することが決まっています。自ら選んだ部活を言い訳にしたくありませんでした。部活と学業の両立は不可能ではありません。弊部はまだ生活に慣れない新入生へのサポートが整っているため、それを活かして学業にも取り組むことができます。... Read More | Share it now!

新歓記事 VOL.5 2年 DF 箕村直也

新入生の皆さん、合格おめでとうございます。
こんにちは、運動会スケート部アイスホッケー部門新2年の箕村直也です。
今回サークル選び等で悩んでいる新入生に参考にしてもらうため、僕がこの部に入部した経緯や入部して一年間過ごしてきてこの部活の雰囲気等について長々と書きたいと思います。... Read More | Share it now!