【決意2021 VOL.3】稲垣航

工学部/浅野
DF #4 稲垣航


新年明けましておめでとうございます。新四年の稲垣です。

2021年は、昨年コロナ禍で思うように部活に打ち込めなかった分の気持ちをぶつけるべく頑張っていきたいです。という感じで書きたかったのですが、また部活が止まってしまいました。また先の見えない前途多難な一年になりそうで気持ちがきれないかとても不安です。もともと思考がマイナスに陥りやすく、心をおられそうになったことが2年の頃から増えました。なので自分の明るい面に焦点当てて今年の目標とモチベーションを決めたいと思います。

①怪我をしていない
一年の時に膝を怪我してからずっと膝に痛みを抱えたままホッケーをして、時には離脱したりを繰り返し、去年の1月に部の活動ができるようになってからも3月の合宿までほとんど何もできませんでした。そして、コロナで家から出ることもできなくなりました。そのとき思ったことは、また部活でできるようになって怪我してホッケーできなったら自分の中で納得できないだろうなということ。部活人生がどういう形で終わるかわからないが、絶対後悔するとわかっていることの一つは今潰しておこうと思いました。毎日、だらだらテレビを見ながらでしたが1~2時間ストレッチをし、リハビリ用の筋トレをかかさず過ごしました。(文字にするとこの1,2行で僕の努力が書ききれてしまうのは悲しいですね笑。結構頑張ったんですよ)

結果、去年は全く怪我をせず練習に取り組むことができました。練習して自分のスキルやプレーに頭を抱え続けた2020年の下半期でしたが、プレーして悩めるって幸せなことだといまは感じています。残りの部活人生も怪我なく健康に過ごして行きたいです。

②楽しむ
一年生の頃は氷の上を滑るだけで楽しかったし、今思えば何か壁にぶつかっても悩んで一つ一つこなしていく過程も楽しめていたと思います。去年は自分の思い描く理想と現実が離れていくばかりでそれに対する焦りを感じ悩むばかりで楽しむことを忘れていたのかもしれません。正直、うまくいかない状況が続いて気持ちが追いつかないことが増えていきました。些細なことでもうまくいったことや自分の長所に目を向け喜ぶこと、また壁にぶつかってもそれを楽しむことという原点に立ち返りたいと思います。

「決意」というほど意志を固めるような所信表明にはなっていないと思いますが、先が見えないのでこんな感じで許してください。活動停止が明けたら、部活ができること、この部にも僕個人にも関わってくださる全ての方々への感謝を忘れず、怪我なく楽しくをモットーに頑張って行こうと思います。