【新入生自己紹介2021 VOL.2】川口 航平

東大理一一年の川口航平です。出身高校は東京にある開成高校です。

アイスホッケー部に入ったきっかけは以下のようです。
小学生の頃モスクワでアイスホッケーをやったことがあり、久しぶりにアイスホッケーをやりたいと思い新歓氷上に行きました。
そこでアイスホッケーのプレイの爽快さを再確認し部の雰囲気の良さを感じました。
深夜練習や競技の激しさが不安ではありましたが、アイスホッケー部の魅力が勝り、入部することを決めました。
今となってはアイスホッケー部に所属しての生活がとても充実していて、その選択は正しかったと確信しています。

好きなことはトランプゲームをやることや美しい景色を見ることです。
風景の写真は長瀞へ行ったときのものです。
美しい風景を見ていると癒されるので、時々綺麗な風景を見てゆっくり過ごします。

また、中高では卓球部に所属していました。

体重が軽いのが懸念事項ではありますが筋肉を増やして頑張りたいと思っています。