新入生自己紹介VOL.7 中川祐人

はじめまして、理科二類一年の中川祐人です。

出身は岡山で、一年間の東京での浪人生活を経てやっと大学生になれました。

僕は地元が大好きで一日に一回は地元に帰りたいとふと思うほどです。

もう二年ほど前になってしまいますが高校の夏まではずっとバスケをやっていました。

決して強くはありませんでしたが真剣に部活を頑張っていました。

今と全然違いますね。

浪人期に髪が伸びちゃってめちゃくちゃ顔変わりました、自分でもびっくりです。

髪が薄いのがバレてしまうので、いまのところまた短くするつもりはありません。

 

同期の一年生はクセが強い人ばかりで、自分のキャラを必死で模索しています。

よく同期に浅い男と言われてしまう僕ですが、アイスホッケー部を通して四年後には深みのある男になっていることでしょう。

大学で部活動に打ち込むのがかっこいいと考えていて、もともと運動会には入るつもりでしたが初めはとくに入りたい種目がありませんでした。

とりあえず参加したアイスホッケーの新歓では、アイスホッケーの楽しさ味わうとかいうレベルではなく移動もままならず端の方でずっとヨチヨチしていました。

ですがペアを組んでくださった三年生の陸人さんがめちゃめちゃ優しくてかっこよかったのでとくに迷いもなく入部を決めました。

実際に練習に参加するようになって、アイスホッケーの楽しさにも改めて気づき、先輩方も優しくてかっこいい人ばかりで入部してよかったと感じています。

早く陸人さん達と同じコートでプレーができるようになるために必死で頑張りたいと思います。

どうぞよろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です