新入生自己紹介VOL.1 岸本大聖

こんにちは。文科一類一年の岸本大聖です。

出身は兵庫県の灘高校です。「まるで単位と課題の無い大学」と皆が口を揃えるほど自由な環境で、ぬるま湯に浸った3年間を過ごしました。

 

 

部活動はテニスをしていましたが、引退が2年の冬だったために不完全燃焼でした。アイスホッケーは悔いの残らないよう打ち込みたいと思います。

実家は、兵庫県の宝塚市にあります。小さい頃は、タカラジェンヌに憧れたものです。

歌劇場以外に何もなく、高齢化が進行しています。

また祖父の家は篠山市にあり、同期の大森の祖父の家と最寄りが同じです。すごいですね。

 

アイスホッケーを始めようと思ったきっかけは、テント列です。

澤田さんの新歓を受けたのですが、お話を聞いてテントを抜けた後、数十秒前に僕を新歓したことを忘れた澤田さんに再び後ろから声をかけられました。

後にも先にも2回勧誘された団体はアイスホッケーだけで、強烈に印象に残りました。

そして18年間の人生で全く縁がなかった競技について調べ、動画を見ているうちに、その魅力にあっという間に惹き込まれていました。

 

本当に恵まれた環境でアイスホッケーができていると実感します。4年間、感謝を忘れずに部活を続けたいと思います。

最後に、Max新歓後に同期と撮った写真で締めくくります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です