氷上の追憶2018 VOL.2 MG 高橋万奈

マネージャー  高橋万奈


 

私はマネージャーに向いていないかもしれない。   

私のアイスホッケー部の部活人生は自分の中のこの感情と戦ってきた4年間だった。 プレーで貢献するなどではなく、外側からチームを支えることについての難しさをいつも感じていた。  

3年生で入替戦を控えた直前の練習、その中にブレイクアウトからの攻めの展開を練習するメニューがあった。私はブレイクインしてからキリのいいところで合図の笛を吹く役割を任されていた。私は氷上隊長の輿石さんの要望に添える事が出来ず、練習をもたつかせてしまったことがあった。部活人生で忘れられない一コマである。1年前に書いた決意では入替戦で戦った相手校と大きな違いはなく、少しだけあの日あの時勝ちへの執着が相手校より足りなかったから敗北してしまったと記している。買いかぶりだと言われてしまうかもしれないが、私がもっと要望通りの合図を出す事が出来ていたら、最後の練習が円滑に行われたら結果が違っていたかもしれない、ひとつひとつの練習が、一瞬の判断が、その積み重ねが大切だったな、と感じていた。心の中で思い続けていた。 4年生になってから上手くいかなかった練習の後は必ず氷上隊長の清水や、同期にフィードバックを求めた。同期は飾らない言葉で指摘してくれた。

私はその言葉を大切にこの1年間部活に取り組んだ。

 

 

唯一わたしがスタッフに伝えられることは4年間で高い意識を持って仕事に向き合い、そして誇りも合わせ持つこと。

どのスタッフにも負けない自分の中のこだわりを見つけ、 部の発展に貢献できる起因となれるような動きができるように意識する事である。

プレイヤーはその仕事に対して意見をぶつけてほしい。  

例えばビデオの撮り方はだれにも負けないくらいうまくできるや陸トレのカウント中に励ましの言葉を絶対にかけるなど小さな事と思われる事でいいと思う。練習や試合のビデミを熱心にしていたり、陸トレでスタッフのカウントをきちんと聞いてストイックに鍛えているプレイヤーはもっとこうしてほしいなど意見がでてくるはずだ。それをマネージャーやトレーナー達に伝えてほしい。このような過程を経て意見交換し、プレイヤーとスタッフで切磋琢磨しあう関係を築いてほしいのだ。    

またスタッフの仕事は習熟すればある程度できる仕事がある。そういう仕事こそ早く、正確に、という付加価値をつけ提供しようと私は心掛けていた。後輩にもこの姿勢が伝わっていればいいなと切に願う。  

私は4年間広報活動に積極的に取り組んできた。

TwitterやFacebookのいいねの数が多かったり、インプレッションやエンゲージメントの数値から反響の大きさがわかると嬉しかった。また試合にいらっしゃったプレイヤーの御父兄に「いつも見ています。」「楽しみにしています。」などと声をかけていただけるとその言葉を励みにもっと質の良い仕事を届けることが出来るように頑張った。

同期の田村、後輩マネージャーの莉瑚と私を中心に広報活動していた最後の1年間はハイライト作成に関わり新しいことに挑戦していた。今後も更に活動の輪を広げ、盛り上げてほしい。    

 

プレイヤーがいてこそのマネージャー、トレーナーである。  

緻密に仕事をこなし時には厳しく統率する薫、

朗らかな雰囲気を兼ね備え周囲を和やかな気持ちにする莉瑚、

後輩に慕われいつも周りに笑いの耐えない理沙、

マネージャー全体のことを考え先輩の仕事を率先して行っていた千聡、

同期にマネージャーがいなくてつらい事があってもいつも笑顔で様々な仕事に取り組んでいた七彩、

私が3年生の時に新たにできたトレーナーという役職、

自分にストイックに知識を蓄え続ける智絵、

マネージャーとの連携を常に考えている由希子、

スタッフみんながそれぞれ良い一面を兼ね備えアイスホッケー部に尽くす。

それがチームの結果につながらない事もあるかもしれない。 それでも決して後ろを向かずにチーム運営の理想を追い求める事がスタッフとしてのやりがいなのではないだろうか。

 

 

引退してからは、夜遅くの天気予報が気になることも 早朝3時にラーメンを食べに行くことも リンク予約をすることで月の初めを感じることも 白いベンチコートが少しずつ汚れていくこともTwitterのひとこまのネタを探すことも  合宿あけに撮ったたくさんの写真を一気にタグつけをすることも プレイヤーが自分の撮った写真をSNSのプロフィールにしていて嬉しくなることも 部活に一生懸命になるゆえに同期と意見をぶつけあうことも  

そして試合に勝利し練習に共に取り組んできた部員みんなで喜びを分かち合うことも 無くなってしまう。    

これらの喪失感が自分にとってのアイスホッケー部の存在の大きさを物語り、この4年間が自分の中でどれだけ有意義で充実していたかを教えてくれる。

 

本当に幸せな4年間だった。

苦しかったことも辛かったことも含めて経験出来たことが幸せだったと感じる。現役には部活動に一生懸命になれることに感謝し、この幸せな時間を存分に味わってほしい。   

今後現役に戻ることは出来ないが、OGとして必要であれば力になりたいと思う。

最後にお世話になった監督やコーチ、先輩方、後輩、また応援してくださった全ての方々に感謝致します。深夜練習の帰りに送ってくれたプレイヤーの方々、疲れている中いつもありがとうございました。  

先輩マネージャーの萌さん、美季さん、絵梨さん、伶奈さん、いつも優しく支えてくださり、毎回の部活で刺激を頂いていました。皆様がいらっしゃらなかったら今の私はいません。本当にありがとうございました。

 

そして大切な13人の同期、同期マネージャーの典子

4年間一緒に部活に取り組めた時間は私にとって宝物です。 ありがとう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です