平成30年度関東大学アイスホッケーリーグ戦 第6戦

この度は10月16日に行われました、平成30年度関東大学アイスホッケーリーグ戦第6戦、東京大学対学習院大学の試合結果をお知らせいたします。

●東京大学2-3学習院大学○

1P 0-2
2P 1-0(G#61FW櫻井、A#11DF大西)
3P 1-1(G#47FW清水、A#6FW江口)
Total 2-3

シュート数
1P 2-16
2P 8-10
3P 4-17
Total 14-43

第1ピリオド

2部昇格へ望みをつなぐために勝利が必要な東京大学。学習院大学との大事な一戦に望みます。序盤から攻め込まれる時間帯が続き、試合開始1分1秒に失点を許してしまいます。さらに3分30秒に#61FW櫻井がインターフェアランスの反則を受け、キルプレーの中で4分54秒に失点してしまいます。こうして、0-2で第1ピリオドを終えます。

第2ピリオド

勝利のためにまずは1点が欲しい東京大学。徐々に自分たちのペースを取り戻し、攻める時間帯が増えていきます。すると3分16秒にパワープレーを獲得し、数的優位のなかで粘りのプレーを見せて5分12秒に#61FW櫻井がついに1点を返します。その後はピンチもありましたが#1GK桜木のファインセーブもあり、1-2で第2ピリオドは終了します。

第3ピリオド

逆転勝利を目指す東京大学は得点を目指して第3ピリオドにはいります。しかし、学習院大学のハイプレッシャーのなか、自分達のペースを作れず、3分15秒に#97FW佐藤がハイスティックの反則をとられ、キルプレーとなり、4分34秒に失点してしまいます。攻めるしかなくなった東京大学は12分52秒にパワープレーを獲得し、6人攻撃を行います。すると、13分18秒に#47FW清水が1点をもぎ取ります。さらに、パワープレーを獲得し、#11DF大西のスラップショットなどでチャンスを作りましたが、あと1点が遠く、2-3のまま試合終了のブザーが鳴りました。

第6戦は五分五分の戦いのなか、惜しくも勝利を逃してしまいました。この敗戦により、2部昇格の可能性は低くなってしまいましたが、最終戦も何か得るものがあると信じて最後まで走り抜くので、ご声援のほどよろしくお願いいたします。

#75 室 恵弥

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です