平成30年度関東大学アイスホッケーリーグ戦 第5戦

この度は10月13日に行われました、平成30年度関東大学アイスホッケーリーグ戦第5戦、東京大学対国士舘大学の試合結果をお知らせいたします。

○東京大学3-0国士舘大学●

1P 1-0(G#97FW佐藤、A#61FW櫻井、#11DF大西)
2P 1-0(G#47FW清水、A#61FW櫻井、#11DF大西)
3P 1-0(G#61FW櫻井、A#97FW佐藤、#47FW清水)
Total 3-0

シュート数
1P 13-6
2P 10-2
3P 8-6
Total 31-14

第1ピリオド

ディビジョンII昇格に向け負けられない東京大学。試合は東京大学が攻撃のペースをつかむ展開となります。試合開始3分、東京大学はパワープレーの機会を得、#11DF大西、#97FW佐藤、#47FW清水が立て続けにシュートを放ちますがゴールには至りません。一方で、国士舘大学のカウンターを受け、ゴーリーと一対一の状況が生まれますが、ここは#1GK桜木のファインセーブでピンチをしのぎます。そして、試合開始6分、#11DF大西のスラップシュートを#61FW櫻井が触り、最後は#97FW佐藤がリバウンドを詰めて東京大学が待望の先制点をあげます。このまま第1ピリオドを1-0で終えます。

第2ピリオド

追加点を狙う東京大学は、試合開始30秒でパワープレーの機会を得ます。パワープレー中の1分56秒、左サイドでパックを持っていた#61FW櫻井からのパスを#47FW清水がワンタイマーで合わせ、東京大学が追加点を奪います。その後も#6FW江口、#67FW中澤がゴーリーと一対一の場面を作り、チャンスを演出しますが、得点には結びつきません。このまま東京大学が2-0と2点をリードして第2ピリオドを終えます。

第3ピリオド

勝利を決定づける3点目が欲しい東京大学。3分49秒、右サイドで#97FW佐藤からパスを受けた#61FW櫻井がディフェンスをかわしてゴール前まで切り込み、東京大学がさらに追加点を奪います。その後は何度か国士舘大学に攻め込まれる場面が見られましたが、東京大学の持ち味である堅実な守りにより無失点で切り抜け、東京大学が3-0で勝利しました。

第4戦での敗戦から切り替え、集中して戦うことができました。相手を無失点に抑えつつも、要所要所で点を取る東京大学らしいアイスホッケーができた試合だったと思います。次戦はディビジョンII昇格に向けての大一番である学習院大学戦です。ご声援のほどよろしくお願いいたします。

#51 門脇 圭哉

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です